So-net無料ブログ作成
検索選択

鼻カテーテル [殿]

殿がゴハンを食べなくなってしまった。。
食べなければ弱る一方。薬もあげられない。
強制給餌も試みたけどうまくいかない。
病院へ連れて行くと、脱水を起こしているとのことでまず皮下点滴。
そして鼻カテーテルを入れることに。
一方の鼻の穴から食道まで細いチューブを通し、シリンジで流動食を流し込む方法。
病院で給餌法を教えてもらい、帰宅後さっそく実践。
フードと水を1:1で溶き、シリンジで吸い込み空気を抜いてカテーテルに差し
いざ。
ところが溶かし方が大雑把だったせいで詰まってしまい
両手でシリンジを力いっぱい押したら差し口から外れて
流動食汁ブシャー(T△T)
失敗を踏まえて、二回目は茶こしで裏ごし。さっきとは全く違う滑らかさ。
カテーテルにもするりと入っていった。
でも裏ごしはちょっと面倒なので、次はミニサイズの泡立て器で混ぜてみる。
ばっちり。よかったあぁ。
これなら食欲がなくても、味の好みも関係なく、薬を混ぜてもへっちゃら。
自力で食べられる時も邪魔にはならないとのこと。
ただ、嘔吐などでカテーテルが出てきてしまうこともあるらしく
その時ヘンに飲み込んで気道に入ったら、それに気づかなかったら
大変な事になるから毎回注意が必要。

それさえ気をつければ、私にとっては楽だけど‥
今後カテーテルはずっとつけたまま。固定するために鼻と頭に数カ所
糸(しかも紫色)で縫いつけた殿の顔はとても痛々しい。
片方の鼻をほぼ塞ぐと、同じ方の目が涙目がちになってしまうそうで
なんだか泣いてるみたいで心が痛い。
そしてやっぱり違和感があるらしく、最初はしょっちゅうクシャミをしていた。
この2つは時間が経つにつれておさまってきたみたい。
顔の異物を嫌がって手でごしごしして取っちゃうんじゃないかと心配したけど
今のところその気配はない。
こんな姿にしてまで‥とも思ったけど、これで栄養がとれるなら
と自分に言い聞かせる。
この数日で急激に弱々しくなってしまったけど
ここがふんばりどころですぞ〜〜殿!


nice!(9)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 9

コメント 10

tama

殿!頑張ってね!!
by tama (2014-05-10 17:41) 

市丸

ありがとうございます!
流動食と一緒に私の祈りも注入しています。
by 市丸 (2014-05-10 18:13) 

pom405

お話聞いていてとても辛い事とお察しします。
殿が一番がんばってますもんね。
殿にエールを送ります。頑張って!
by pom405 (2014-05-10 22:27) 

yumineko

鼻カテーテルという方法もあるのですね。
栄養がしっかりとれて、市丸さんと殿の頑張りが実りますように!
by yumineko (2014-05-11 01:33) 

市丸

☆pom405さん
ありがとうございます!
今日は腹水を抜きに行ってきます。
これがなければもっとゆったり過ごさせてあげられるんですけどねえ‥;

☆yuminekoさん
ありがとうございます!
私も初めて知りました。
縫いつけるのはかわいそうだけど、直接口に入れる強制給餌よりは
メリットが大きいと思います。
by 市丸 (2014-05-11 07:33) 

Dar-卯う

お傍付きの本領発揮ですゾ。
何事も、落ち着いて介抱してやってくだされ。。。
by Dar-卯う (2014-05-11 11:48) 

Ja-Kou66

カテーテル(管)って、嫌がらないのですね。
とりあえず食事がとれるのは良かったです。
その後腹水の方はいかがですか?
殿、ガンバレ!
by Ja-Kou66 (2014-05-12 01:08) 

市丸

☆Dar-卯うさん
ほんとに頼りない家来です(´`;)
カテーテル給餌はだいぶ慣れてきました。
昨日もっと便利なかきまぜ器を調達してきたので
流動食作りもさらに時短です♪

☆Ja-Kou66さん
猫って嫌なものは取ろうとしますよね。
触りもせずそのままにしているってことは、それほど気にしてないのかな
‥と、いいように考えています(^^;
腹水はまたけっこうたまっていました;
せめてこれだけでも何とかならないかなあ。。
by 市丸 (2014-05-12 16:29) 

momo

殿頑張れ!頑張れ!頑張れ!
市丸さんも、踏ん張りどころ、頑張れ!祈ってます!!!
by momo (2014-05-16 10:37) 

市丸

ありがとうございます。
殿、もう歩くのもヨロヨロですが頑張ってくれてますよー!
by 市丸 (2014-05-16 20:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。